絵葉書資料館からのお知らせ

古き良き時代の文化・風景・風俗を伝えるアンティーク絵葉書

日本では私製絵葉書の使用が認められた1900年(明治33年)以降、ユニークなデザインの絵葉書が数多く生まれた絵葉書文化の花が開きました。「絵葉書資料館」では、明治後期から大正、昭和の始めにかけての国内外絵葉書を常設展示しています。
また、ユニークな視点で絵葉書を捉える企画展を定期的に開催しています。

絵葉書資料館 企画展のご案内

  • 「猫の絵葉書展」

    2017年05月18日(木)~ 2017年12月28日(木)

    昔、猫はネズミを捕まえる為に穀物の守護者として重宝され、黒猫はハロウィンの象徴として
    魔女神の使いとも悪魔の手先とも云われました。
    ハンターとしての気質が高く自己中心的にふるまう気まぐれな性格は、猫の神秘性となり、
    畏敬の念をもって愛玩されました。
    猫の顔は比較的擬人化し易く、人々に愛された所以でもあります。
    百年前にデザインされた「和洋、絵葉書」で猫の生活、物語をご堪能ください。

所蔵品のご紹介

明治後期から大正、昭和のはじめにかけての文化、風景、風俗を伝えるコレクション。
ご紹介の絵葉書をお買い求めいただけます。

絵葉書事業部 催事企画展のご案内

絵葉書事業部では全国の書店、文具店、画材店、各種店舗で懐かしの風景や美術の復刻絵葉書販売の催事企画展を開催しています。
企画のお問い合わせ・ご依頼もお待ちしています。