絵葉書資料館からのお知らせ

古き良き時代の文化・風景・風俗を伝えるアンティーク絵葉書

日本では私製絵葉書の使用が認められた1900年(明治33年)以降、ユニークなデザインの絵葉書が数多く生まれた絵葉書文化の花が開きました。「絵葉書資料館」では、明治後期から大正、昭和の始めにかけての国内外絵葉書を常設展示しています。
また、ユニークな視点で絵葉書を捉える企画展を定期的に開催しています。

絵葉書資料館 企画展のご案内

  • 「猫の浮世絵展」

    2018年04月09日(月)~ 2018年12月27日(木)

    ※この企画展は4月26日(木)からの開催となります。ご注意ください。

    浮世絵の猫は擬人化され歌舞伎役者、怖い妖怪変化の猫等様々な人々の風俗や生活の姿形を
    猫に見る事ができます。 また赤いリボンの愛くるしい猫も情景の中に見ることができます。
    神秘的な魅力を持ち、幸運をもたらすとも信じられ、愛された猫たちの絵葉書資料館所蔵の
    浮世絵本画をご高覧ください。

    また大変珍しい廣重の直筆「干網之図」や歌麿「松風」等も特別展示致します。
    展示作家、豊国、国政、国輝、周延、国周、歌麿、廣重他。

所蔵品のご紹介

明治後期から大正、昭和のはじめにかけての文化、風景、風俗を伝えるコレクション。
ご紹介の絵葉書をお買い求めいただけます。

アートボード販売のご案内

当館所蔵の絵葉書を最高級インクジェットプリンターで印刷・額装し、アートボードとして販売しております。
ご購入は、当館サイト「所蔵品・ショッピング」ページからお好きな絵柄をお選びいただくか、
当館が厳選した特製アートボード(当姉妹館「タイムロマン」サイト)からお選びください。
ご自宅や店舗に飾ることで、癒しの空間、お洒落なアート空間の演出にぴったりです。

姉妹館「神戸時計デザイン博物館」ウェブサイト新設のお知らせ

[デザインに見る時計]をテーマに各素材、機能、からくり時計等々、デザインにこだわった世界の時計をご覧頂けます。
昭和20年代後半以降のモダンなプラスティック置時計も今に蘇ります。
デジタル時代になった今、アナログ時計の時代にタイムスリップし、往時のデザイナーに心を寄せて時計のデザインをお楽しみください。

絵葉書事業部 催事企画展のご案内

絵葉書事業部では全国の書店、文具店、画材店、各種店舗で懐かしの風景や美術の復刻絵葉書販売の催事企画展を開催しています。
企画のお問い合わせ・ご依頼もお待ちしています。